結婚式 祝辞について

無理に美談を考える必要はない

結婚式の祝辞を依頼され、引き受けたのはいいが、何も浮かんでこないと言う人は少なくありません。
そして、結婚式の日がだんだん近づいてきて、パニックになると言うことはよくあることです。
祝辞が浮かばないのは、おそらく良いことを言おうとしているからでしょう。
結婚式だからと言って、無理に美談を考える必要はありません。
新郎新婦の人柄を話せばいいだけです。
祝辞を依頼されるぐらいですから、新郎新婦との関係はかなり深いでしょう。
エピソードには事欠かないはずです。
これまでの付き合いの中で、あいつらしいなとかこんな一面もあったのかと感じたことがあると思います。
それを話せば、印象深いスピーチになります。
また、新郎新婦とどう言う関係かもよく考えてみましょう。
先輩なのか良きライバルなのか、小さい頃からの友人なのかで考えるべき文章は変わってきます。
関係性がきちんと分かっていれば、文章を考えるのはそこまで難しくありません。

Copyright(c) 結婚式 祝辞 All Rights Reserved.