banner

banner banner banner

声に出して練習しよう

banner 結婚式の祝辞を考えるときは、必ずノートなどに書くでしょうが、書いたら終わりと言うわけではありません。
必ず声に出して練習することです。
言いづらい箇所がないかチェックしなければいけません。
また、棒読みにならないように注意する必要があります。
どんなに良い祝辞を作っても、棒読みでは良さが伝わらないです。
抑揚にも気をつけながら練習しましょう。
棒読みにならないためには、間を取ることがポイントになります。
携帯電話などで録音し、間を取る箇所を検討しましょう。
そして、ゆっくり明るく話すと言うことを意識することです。
しかし、自分ではきちんと話しているつもりでも、他人が聞くとそうでもないと言うことがよくあります。
録音したものを友達に聞いてもらうといいでしょう。
第三者の意見はとても貴重です。
結婚式の祝辞を依頼されると、気が重くなるかもしれません。
しかし、新郎新婦から信頼されているから依頼されるわけです。
自信を持って作りましょう。

なんと1000種類以上の中から選べるカラフルなバルーンショップで、記念日のプレゼントとしてあげましょう。

バルーンアート装飾のプロフェッショナル

http://www.2jikai-sienne.com/
2次会ジェンヌは料金内でプロの司会者やカメラマンなど全てが揃っているのでお二人の満足いくパーティができます。

あなたのパートナー探しをサポートする東京の結婚相談所

スタジオゼロ
和装の場合は持ち物がなく、洋装の場合も持ち物が最小限で済むため撮影を目いっぱいお楽しみいただけます。

結婚式 祝辞関連ページ

banner 結婚式の祝辞は、年代によって作り方が変わってきます。
40代以降の人は、内容にある程度の重みを

結婚式の祝辞の構成を考える

banner 結婚式の祝辞を依頼され、引き受けたのはいいが、何も浮かんでこないと言う人は少なくありません。

無理に美談を考える必要はない

banner 結婚式の祝辞を作成する際、まず最初に考えなくてはいけないのは、新郎や新婦の人柄についてです。

新郎新婦の人柄を考える

Copyright(c)結婚式 祝辞 All Rights Reserved.