結婚式 祝辞について

結婚式の祝辞の構成を考える

結婚式の祝辞は、年代によって作り方が変わってきます。
40代以降の人は、内容にある程度の重みを持たせないといけません。
盛り上げようとすると、軽い印象を与えることになるでしょう。
しかし、20代から30代の人が行う祝辞は、結婚式を盛り上げると言う役割があります。
明るく楽しい雰囲気が伝わるような言葉遣いや言い回しを心がけましょう。
ちなみに、構成は決まった形があるわけではありません。
しかし、オーソドックスな形があります。
それは、はじめの言葉と新郎新婦のエピソードトーク、そして結びの言葉で構成することです。
はじめの言葉はどう言うものかと言うと、新郎新婦と両家への祝福の言葉になります。
自分と新郎新婦との関係を簡潔に述べるのもいいでしょう。
結びの言葉では、新郎新婦の幸せな未来を願うのが基本になります。
これからの変わらない付き合いを願う言葉を添えるのもいいでしょう。
こういう構成を知っておけば、祝辞を作るのも少し楽になります。

Copyright(c) 結婚式 祝辞 All Rights Reserved.